応募する
entry

コンセプト

concept

“自営農業の実践”と“農家のお手伝い”からはじめるライフスタイル型就農プログラム

この研修プログラムは、農に関わる仕事と暮らしを学び、自分にあった農業との関わり方、ライフスタイルの探求を応援します。

集落での暮らしを基本に、自ら田畑を持ち「自営農家」として野菜づくり、米づくりに取り組みます。農家としての技術は、集落内外の米農家や野菜農家へお手伝いに行き学びます。

集落の一員として、会合、共同作業、行事に参加します。 田舎で農業をするには、まず地域の皆さんといい人間関係を作ることが大事です。

自ら田畑を持ち、1年間米づくり・野菜づくりに取り組みます。最初から最後まで自分で責任を持って作物を育て出荷する経験は、援農的なお手伝いや、アルバイトでは体験できません。 

市内の複数の農家さんの繁忙期お手伝いをしながら実際の現場の技術や、農業で生きていくための考え方等を学びます。また現場での栽培研修も行います。

詳しい研修内容・募集内容はこちら
研修内容詳細/募集要項

アグリパスの特徴

character

多くの農業研修、農業求人プログラムよりも 地域の暮らしに根差した暮らしを送りながら、自分で作物栽培を最初から最後まで実践できます。 また研修終了後の進路も多様に選ぶことができます。

Abundant choices

自分にあった農業との関わりを選べます

―農業次世代人材投資資金などの制度資金を活用しないため、仮に就農しなくても費用を返していただく必要はありません。  1年かけて専業農家だけではなく、色々な可能性を考えてみてください。

Practical experience

お手伝いだけではない自分で田畑を持ち実践できます

援農ボランティアやアルバイトだと繁忙期だけなど一部の作業しか体験することができません。自ら田畑を持ち、最初から最後まで自分の手で作物と作り収穫する体験がここならできます。

Rural life

農作業だけじゃない!農村集落の暮らしを楽しめます

中山間地域の農村集落の空き家に滞在します。農業だけではなく、地域の人付き合いや共同作業・地域行事等を体験することも重視しています。

Abundant choices

自分にあった農業との関わりを選べます

―農業次世代人材投資資金などの制度資金を活用しないため、仮に就農しなくても費用を返していただく必要はありません。  1年かけて専業農家だけではなく、色々な可能性を考えてみてください。

Practical experience

お手伝いだけではない自分で田畑を持ち実践できます

援農ボランティアやアルバイトだと繁忙期だけなど一部の作業しか体験することができません。自ら田畑を持ち、最初から最後まで自分の手で作物と作り収穫する体験がここならできます。

Rural life

農作業だけじゃない!農村集落の暮らしを楽しめます

中山間地域の農村集落の空き家に滞在します。農業だけではなく、地域の人付き合いや共同作業・地域行事等を体験することも重視しています。

就農の流れについてはこちら
就農の流れ

研修生1年の流れ

Trainee life

現在活動中の研修生の1年を紹介

研修生の1年は、各作物の栽培スケジュールに合わせて計画します。日常的には自身の田畑を管理しながら、市内の農家さんの農繁期のお手伝いに行きます。農家さんの元での仕事や研修等で学んだことを自身の田畑で実践します。また自身が住む集落では、1年を通じて、農道や水路の管理といった共同作業や、お祭りなどの行事に参加します。

受入れ集落・農家の紹介

introduction

多くの農家さんの元で学べる事が大きな特徴です。

経験豊富なベテラン農家から、今まさに伸び盛りの若手農家まで、様々なタイプの農家さんが皆さんのチャレンジをサポートします。研修生の姿勢次第で多くの人たちとのつながりを持つことができます。

受入れ集落・農家の紹介

実施地域

area

自然豊かな山間部と

生活に不便ない都市機能が備わった町です

新潟県の中ほど、中越地域に位置します。大河信濃川が、町の真ん中を通り、川辺の平地から険しい山間部まで多様な地域があります。冬は大変な豪雪地でもあります。普段の生活は車での移動が前提となります。

応募の流れ

flow

オンライン相談随時受付 お気軽にご相談ください

第1次〆切 2020年12月25日(金)

※現地見学・面談は1月初旬を予定しております。

※定員に満たない場合は、2021年1月から二次募集を行います。

研修プログラムに応募する

entry