研修概要/募集要項
※2020年春~の研修生募集は終了しました。

1年間を通して、新潟県小千谷市で農に関わる仕事と暮らしを学べます。

月の半分は、市内の様々な野菜を栽培している複数の農家さんの下で実地研修を受けます。

残りの半分は、滞在する受入れ集落にて米づくりと農村ならではの暮らしを学びます。

比較的ゆとりのある時間の中で自分の適性や進路を考えることができます。

【園芸農家研修】市内のベテラン園芸農家さんの下で6品目の野菜や果物の栽培研修を行います。

春~夏にかけてはメロン、スイカ、養液土耕トマト、夏から秋にかけてカリフラワー、さといも、にんじんの栽培研修を行います。実際の栽培現場で、一緒に仕事をしながら指導してもらうことで、より実践に近い学びがあります。


・各季節にその時期の品目の栽培を経験できるので、実際に自身が就農した際にどの品目に取り組むのか、1年間どのような流れになるのかを体感できます。


・1年間通じて研修を受けることで、作業の流れや最低限の技術が身に着きます。


・農家さんとの信頼関係を築くことができます。そのことで来年から農家さんの元でアルバイトをして収入を確保する道も開けます。


>詳細はコチラ

【米作りと集落の暮らし】米作りと農村集落での暮らしを学びます。

・農業は、地域の人々の協力が協力して農道や水路を守ることではじめて成り立ちます。お祭りなどの地域行事も大事な地域を守る活動です。地域の人たちと助け合い、共に暮らす感覚を得てもらいたいと思います。


【冬は、食品加工や酒蔵での研修を行います】小千谷市は冬季間2メートルもの雪が降り積もる豪雪地帯です。冬季間、農家は通常別の仕事をします。漬物等の食品加工や酒蔵での仕事など、実際にこちらに住んだ際に冬季間がどのような仕事、暮らしになるのか体験してもらいたいと思います。


>詳細はコチラ


募集要項

※2020年春~の研修生募集は終了しました。

実施地域 新潟県小千谷市
研修期間 2020年4月~2021年3月までの1年間(期間に関してはご相談にのります)
募集人数 最大3名
研修内容 ①園芸作物(野菜・果樹)の農場での栽培研修
春~夏にかけて、メロン、スイカ、養液土耕トマト、夏から秋にかけてカリフラワー、さといも、にんじんの栽培研修を行います。実際の栽培現場で、一緒に仕事をしながら指導してもらうことで、より実践に近い学びがあります。

②米づくりと農村集落での暮らし研修
このプログラムでは、米づくりと農村集落での暮らしを学ぶための、受入れ集落が準備されています。ここでは、米作りを学ばせてもらいながら、集落の一員として、集落の共同活動に参加します。

③冬期間食品加工や酒蔵での研修 千谷市は冬季間2メートルもの雪が降り積もる豪雪地帯です。冬季間、農家は通常別の仕事をします。漬物等の食品加工や酒蔵での仕事など、実際にこちらに住んだ際に冬季間がどのような仕事、暮らしになるのか体験してもらい
研修(勤務)時間 <農場での研修(月15日程度)>
・目安として7:00~17:00(実働8時間程度)
※時期やその日の予定によって変わります。
<集落での研修>
・勤務時間という概念はありません。田んぼや集落の仕事を、集落の皆さんと時間を合わせ行います。
休日・休暇 農場での研修以外は、研修生の裁量におまかせします。受入れ集落での研修と自身の時間をやりくりしてお休みをとっていただきます。
研修参加費 無料
生活支援金 固定で、85,000円/月、支給いたします
待遇 ・家賃・水道光熱費:無料です。
・車の貸与:軽トラックを1台無償貸与します。
・交通費:農場への交通費として毎月固定で支給します。
・保険:活動にかかる保険はこちらで加入いたします。
ほか社会保険等は各自での加入となります。
滞在先 小千谷市内の研修生受け入れ集落内にある空き家をお使いいただきます。
設備:バス・トイレ・洗面所  費用:無料(水道光熱費含む)
食事:自炊  ※必要な生活用品は揃っています。
応募する

応募方法Application method

  • 1応募フォームから送信
  • 2担当より連絡
  • 3オンライン面談
  • 4現地見学(必須)・面談
  • 5採用の可否連絡

応募の流れ

ENTRY

ライフスタイル型就農プログラム
にエントリーする

応募する