受入集落紹介

雪国・農村の暮らしを学ぶ

アグリパスでは、農業研修だけではなく、「農村で暮らす」ということを大事にしています。駅前のアパートから農家へ通う農業研修では、農業技術は学べても、「暮らしの中の農業」は学べません。


「農業」という産業があるから「農村」が成り立つのか、「農村」があるから「農業」という産業が成り立つのか、どっちが先かわかりませんが、その関係を体感することはとても大事です。


そのことを学ぶには、「農村集落」の一員として暮らすことが何より大事です。期間限定ではありますが、集落に暮らす一員として、集落の仕事をしっかりやっていただこうと思っています


具体的には、集落の環境を守るための道普請などの作業、集落の歴史をつなぐ各種集落行事、集落の話合いへの参加、色々ありますが、みんな楽しい体験です。


受入集落①:若栃集落

若栃(わかとち)集落は、小千谷市の中で最も山奥に位置する集落の1つです。美しい山と田んぼの景色が今でもたくさん残っています。小千谷市の中でも、地域おこしの活動が活発で、小さな集落ながら夏には花火大会まで開催されます。


2016年には集落の田んぼを守るために「(株)Mt.ファームわかとち」を立ち上げ、米の販売や山菜等の加工品の製造・販売も行っています。また集落には、「おっこの木」という古民家を改修した農家民宿もあります。


若栃集落では、「(株)Mt.ファームわかとち」の元で米作りを学びます。また冬期間は、(それ以外の期間でも)山菜等の加工品の製造の仕事にも携わることができます。会社に所属する若手たち、加工品や農家民宿の屋台骨のおかあちゃんたち、色々な人と仕事ができるのが魅力です。


〇わかとちFacebookページ

〇わかとちECサイト

〇農家民宿おっこの木(楽天トラベル)

受入集落②:随時更新予定




応募する

応募方法Application method

  • 1応募フォームから送信
  • 2担当より連絡
  • 3オンライン面談
  • 4現地見学(必須)・面談
  • 5採用の可否連絡

応募の流れ

ENTRY

ライフスタイル型就農プログラム
にエントリーする

応募する