森孝寿さんの仕事と暮らし(十日町市)

『農業+PC仕事』を組み合わせた仕事・暮らし

もともと愛知県で整体師をしていた森さんは、心身の健康を追い求めた結果、『自分で作ったものが一番安心』という考えに至り、2016年に1年間イナカレッジのプログラムに参加して、中山間地域の農業や暮らしを学びました。


1年間のプログラムが終了した後もお世話になった集落に定住し、現在は『農業+PC仕事』を組み合わせた仕事・暮らしをしています。

稲作中心の春~秋、冬はスキー場

森さんが暮らす十日町市の池谷集落は、冬になると3mもの雪が積もるので、春~秋と冬とでは働き方・暮らし方が大きく変わります。


春から秋は、自分が借りている田んぼでの稲作、地域にある農業生産法人からの作業請負、さらに自給的に野菜なども育てています。加えて現金収入を確保するために、PCを使った在宅ワークを行ってます。


一方冬場は農業ができないので、スキー場など雪国ならではの仕事に就いています。以前は、漬物などの農産加工の仕事もされていました。

“自分で安全・安心な米や野菜を作る”ライフスタイル

「農作業は、どれだけあっても時間が足りないし、収入も限られる」と森さんは言います。確かに収入面だけを考えるとPCを使った仕事がもっとも効率良く、収入につながっています。


ただ森さんが一番やりたいことは、“自分で安全・安心な米や野菜を作る”ライフスタイル。だから「今の暮らしが楽しい」とのこと。今後は狩猟などにも挑戦したいとおっしゃっていました。

応募する

応募方法Application method

  • 1応募フォームから送信
  • 2担当より連絡
  • 3オンライン面談
  • 4現地見学(必須)・面談
  • 5採用の可否連絡

応募の流れ

ENTRY

ライフスタイル型就農プログラム
にエントリーする

応募する