応募する
entry

研修生の1年の流れ

4月 苗づくり・田畑の定植準備

春の仕事は、3月後半からの野菜・稲の稲づくりからスタートします。春先は、様々な作業を同時並行に進めるため、「あれも、これもやらなきゃ」と収穫期とは違った忙しさがあります。

お米の作業は、各農家やJAで行う育苗作業を行います。苗箱と呼ばれる箱に土や肥料を詰め、種を撒くという流れの作業を複数人で行います。もまた田んぼの耕運や堆肥撒き同時並行で行われます。

野菜は、メロンやスイカの苗を畑に植えるための準備を行います。耕した畑に、トンネルと呼ばれる小さいビニールハウスのようなものを作ります。まだ気温が高くない時期に、苗を保温するためです。

種芋の植え付け

種芋の植え付け

すじまき

すじまき(稲の種撒き)

メロンのトンネル立て

メロンのトンネル立て

スイカのトンネル立て

スイカのトンネル立て

種芋の植え付け

種芋の植え付け

すじまき

すじまき(稲の種撒き)

メロンのトンネル立て

メロンのトンネル立て

スイカのトンネル立て

スイカのトンネル立て

5月 田植え!田植え!田植え!

5月のゴールデンウィーク頃から、田植えが始まります。近年は、ここ小千谷でもコシヒカリ以外の早生品種も多く作られるようになり、田植えは段階的に行われます。コシヒカリは5月の中旬ごろから末にかけて植えられます。

田んぼ仕事は、ほとんどが機械化されており、機械に習熟していない研修生の仕事は、主に田植え機に苗を補給したり、機械で植え損なったところを補植といって手で植える作業を行います。また研修生用の田んぼは研修生自身で田植えも行ってもらいます。この年の研修生の原田さんは、すべて手植えをしました。また小千谷市内には除草剤を使わない米づくりを行っている農家さんもおり、チェーン除草の仕事もさせていただきました。

田植えのお手伝い

田植えのお手伝い

子どもたちの田植え体験

子どもたちの田植え体験

座学の研修会

座学の研修会

無農薬田んぼの除草

無農薬田んぼの除草

田植えのお手伝い

田植えのお手伝い

子どもたちの田植え体験

子どもたちの田植え体験

座学の研修会

座学の研修会

無農薬田んぼの除草

無農薬田んぼの除草

6月 田畑の管理作業は農家の腕の見せ所

田植え、畑の定植が終わった6月は、田畑共に作物の管理が始まります。稲作では、田んぼを乾かすための「溝切り」という作業が始まります。ぬかるんだ田んぼの中に入って溝を掘っていく作業はなかなかの重労働です、

畑では、メロンやスイカの苗が大きくなりツルを伸ばしてきます。いい実をつけてもらうために、ツルの剪定をします。また、だんだん暑くなる中でトンネルの温度管理も重要となります。

このような管理作業は、継続して作物を見続けないとわからない仕事であり、技術力が試される場面でもあります。研修生は、農家さんの仕事を手伝いながら、管理作業のポイントを学んでいきます。

研修生の畑の管理

研修生の畑の管理

お手伝い先のお母さん達と交流

お手伝い先のお母さん達と交流

スイカの現場研修

スイカの現場研修

メロン農家さんの元で作業の説明

メロン農家さんの元で作業の説明

研修生の畑の管理

研修生の畑の管理

お手伝い先のお母さん達と交流

お手伝い先のお母さん達と交流

スイカの現場研修

スイカの現場研修

メロン農家さんの元で作業の説明

メロン農家さんの元で作業の説明

7月 少しの休憩のあと始まるスイカ・メロンの収穫

7月の前半は、一時作業が少なくなる時期になります。畑はある程度収穫前の仕事が落ち着き、田んぼは周辺の草刈りが中心の仕事になります。2020年は梅雨が長引いたこともあり、春から忙しく仕事をつづけた研修生も一時の休みの期間になりました。

そして後半は、いよいよメロン、スイカの収穫期に入ります。農家さんの元では、収穫スケジュールに合わせて休みのない日々が続きます。スイカは、午前にJA集荷場で前日に収穫したものの出荷作業をし、午後から翌日に出すものの収穫を行います。メロンは、朝収穫をして、それぞれの農家さんの作業場で選別・箱詰めを夕方にかけて行います。

スイカの収穫

スイカの収穫

スイカ集荷場での作業

スイカ集荷場での作業

メロンの収穫

メロンの収穫

メロン箱詰め作業

メロン箱詰め作業

スイカの収穫

スイカの収穫

スイカ集荷場での作業

スイカ集荷場での作業

メロンの収穫

メロンの収穫

メロン箱詰め作業

メロン箱詰め作業

8月 まつりの夏は、トマトの収穫から稲刈りへ

8月の上旬は、まだメロン、スイカの収穫が残っていたり、畑の片付けなどが行われます。その後、研修生は養液トマトの収穫に入ります。朝からハウスに入り、収穫そして箱詰めまで午前中に内に行います。

またお盆ごろは、本来であれば住んでいる集落のお祭りなど様々な行事ごとが行われる時期になります。2020年度は新型コロナウィルスの影響で軒並み中止になってしまいましたが。集落の皆さんと懇親を深める機会になります。

お盆が過ぎるとあっという間に、稲刈りの準備がはじまり、早生品種は8月末にはもう稲刈りが始まります。

トマトの収穫

トマトの収穫

大きなトマトハウス

大きなトマトハウス

トマト農家さんと研修生

トマト農家さんと研修生

トマトの箱詰め

トマトの箱詰め

トマトの収穫

トマトの収穫

大きなトマトハウス

大きなトマトハウス

トマト農家さんと研修生

トマト農家さんと研修生

トマトの箱詰め

トマトの箱詰め

9月 稲刈り!稲刈り!稲刈り!

9月は頭は、早生品種の収穫が終わり、中旬からのコシヒカリの稲刈りの準備が始まりまります。稲刈りは、コンバインで収穫をし、乾燥・調整機、もみすり機とほとんどが機械作業で行われます。ただ、2020年度のように稲が軒並み倒れてしまうような年になると、コンバインの傍らで手作業で行う作業も非常に多いです。

また研修生の1人は、自分で借りた田んぼの稲刈りを、すべて手で行い、はざがけまで行いました。機械ではあっという間の作業ですが、手作業だと小さい田んぼでも本当に労力、時間がかかります。

稲刈り作業の手伝い

稲刈り作業の手伝い

籾をトラックへ

籾をトラックへ

稲の手刈りと稲架掛け

稲の手刈りと稲架掛け

稲架掛け稲の脱穀作業

稲架掛け稲の脱穀作業

稲刈り作業の手伝い

稲刈り作業の手伝い

籾をトラックへ

籾をトラックへ

稲の手刈りと稲架掛け

稲の手刈りと稲架掛け

稲架掛け稲の脱穀作業

稲架掛け稲の脱穀作業

10月~ 小千谷の野菜の本丸カリフラワーの収穫はじまる

稲刈りが終わった10月からは、小千谷の代表的作物「カリフラワー」の収穫が12月まで続きます。複数の品種で、早いものは稲刈りの裏で9月から収穫が始まります。長く様々な品種を作り、出荷できるのがカリフラワーの魅力でもあります。 収穫はまだ暗いうちからはじめ、畑から取ってきたものを作業場で、葉を落とし、選別、箱詰めする作業を午前中にうちにやります。1か月もすると研修生も、葉を落とす包丁さばきが様になります。

11月末ごろからはにんじんの収穫がはじまり。雪降りまでに今シーズンの農作業を終えることになります。

カリフラワーの葉落とし

カリフラワーの葉落とし

カリフラワーの箱詰め

カリフラワーの箱詰め

白い宝石カリフラワー

白い宝石カリフラワー

さつまいもの選別

さつまいもの選別

カリフラワーの葉落とし

カリフラワーの葉落とし

カリフラワーの箱詰め

カリフラワーの箱詰め

白い宝石カリフラワー

白い宝石カリフラワー

さつまいもの選別

さつまいもの選別

研修プログラムに応募する

entry