応募する
entry

研修内容の詳細
募集要項

実施地域 新潟県小千谷市( 地域の詳細はコチラ
募集人数 2名
期間 2021年4月~12月(9か月)
※研修終了後、2022年1月~3月の間継続して滞在していただくことは可能です。降雪により農作業・研修はありません。アルバイト等を紹介することは可能です。
研修内容 ①自営農業の実践
・自らの田畑(3~5a程度)での1年間米づくり・野菜づくりを実践します。
・栽培技術は農家のお手伝いや県、JA等の栽培研修で学ぶ機会を作ります。
②農家のお手伝い
・主に農繁期の農家さんのお手伝いします。稲作は滞在集落の農家や農業法人、野菜は市内の複数の野菜農家さんの元へ行きます。お手伝いは、週4~5日を基本としますが時期により大きく変わります。
③農村集落での暮らし
・研修生という立場ですが、滞在期間中は、集落の一員として共同作業やお祭りなどの行事に準備から参加してもらいます。

研修1年の流れはコチラ
研修作物の紹介はコチラ
滞在先 小千谷市内の研修生受け入れ集落内にある空き家
※原則1人暮らし
※バス・トイレ・洗面所あり
※費用:無料(水道光熱費含む)
食事 自炊
※必要な生活用品は揃っています。
参加費 無料
生活支援金 毎月固定で85,000円支給あり
※お手伝い先の農家さんとの直接の金銭のやりとりは基本的にはありません。
待遇 ・家賃・水道光熱費:無料
・車の貸与:軽トラックを1台無償貸与あり。
・交通費:農場への交通費として固定で支給あり(1日500円)。
・保険:活動にかかる傷害保険はこちらで加入いたします。
※ほか社会保険等は各自での加入となります。
資格経験 ・年齢:50歳まで
・経験:未経験OK
・免許:普通自動車免許(AT可)
勤務時間 ・農家のお手伝いや集落の共同活動等は、相手方の定めた時間に合わせていただくことになります。それ以外は、研修生自身で時間を管理し農作業等を行っていただきます。
・農家のお手伝いの時間は、その時期や農家さんによって違います。目安として終日作業の場合8時間程度、半日作業の場合は4時間程度となります。
・休日は、週2日程度を基本と考えていただきます。しかし、農繁期はなかなか休むことが難しい時期、農閑期は比較的長めの休暇をとりやすい時期があります。

研修プログラムに応募する

entry